ロータスロゴ

自動車保険の等級制度とは

自動車の保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。様々な代理店に相談して、見積りを確認している方もいらっしゃるでしょう。そんな自動車の保険には等級制度と呼ばれるものがあるのをご存知ですか。

等級制度ってどんなもの?

分かりやすく説明すると、ドライバーがいかに安全運転を心掛けているかを示したものです。
自動車契約者の事故歴を考慮して割引・割増を適用させ、自動車事故が少ない人ほど優良な運転手として評価されます。

また、ノンフリート等級制度とも呼ばれています。自動車保険に加入する全てのドライバーに等級があり、新規加入時は6等級からのスタートになります。(契約内容によって7等級からスタートの場合もあります)

等級制度の仕組み

自動車保険の等級制度は1〜20等級に区別されており、1年間保険を使った自動車事故を起こさなければ、次年度に等級がアップします。例えば、6等級の方が1年間無事故の場合は7等級に上がるのです。等級に応じて割引率が変わり、等級が高いほど割引率が大きくなります。

自動車事故を起こすと…

この等級制度は無事故の場合は上がりますが、交通事故を起こして保険を使用した場合には、翌年に等級が3つ下がります。

例えば、7等級の方でしたら4等級に下がるのです。そして、自動車事故を起こしたという経歴が付き、3年間は事故有りの等級が続きます。ちなみに、同じ10等級でも事故有り・事故無しでは保険料が変わってきます。
自動車事故を起こすと保険料が上がり、金銭的な負担が大きくなるでしょう。負担を大きくしないためにも、安全運転を心がけることをおすすめします。

自動車の等級制度を知ることで、安全運転への意識が高まれば幸いです。矢吹町にあるヤマサ自動車では、自動車保険の販売をはじめ、新車・中古車販売、自動車整備・鈑金などを行っています。自動車に関する様々なサービスを提供していますので、車検や修理など、何かお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。プロの知識と経験でお客様のカーライフをサポートいたします。

Copyright © 2013 Lotas Yamasa All Rights Reserved.
2013年5月28日更新